予防接種について

予防接種について

ペットは、自分自身で健康管理をすることはできません。ですから飼主さんが率先して、予防を行ってください。
予防接種を行って病気を未然に防いだ方が、結果的にはペットや飼主様の負担軽減につながります。つまり、予防接種は必ず受けることが飼主様の義務といえるのです。

ペットの予防接種は、犬は6種または8種、猫は3種と猫白血病を行うことが一般的です。ペットがいつまでも元気で過ごせるように、1年に1回は接種してあげましょう。

狂犬病予防接種について

生後3カ月以上の犬について、日本では年に1回の狂犬病予防接種が法律で義務付けられています。
日本では現在、狂犬病は発生していません。しかし、アジア各国では狂犬病患者は増加傾向にあります。今後日本で発生させないためにも、予防接種は必須事項です。毎年忘れずに接種しましょう。

フィラリア予防について

「フィラリア」は寄生虫の名前で、蚊を媒介して犬の体内に侵入します。そして血液の流れに乗って心臓に住みつき、最終的には犬の命を奪う恐ろしい病気です。
フィラリラは症状が発症するのに7~8年はかかります。また、治療には多額のお金がかかります。何よりも、フィラリラを発症すると犬の苦痛は大きいものです。
また、ほかの犬や人間にも移してしまう可能性があります。
以上の理由から、予防薬の投与は飼主様の義務といえます。

フィラリアを予防するには、蚊の発生後1カ月から、蚊が出なくなった後の1カ月までの間(5月・6月頃~12月頃まで)、毎月1回のペースで予防薬を投与します。
そうすれば、蚊に刺されても、感染子虫を駆除することができます。

感染が見つかった場合、駆除薬を投与し続け、虫体をそれ以上増やさないようにします。フィラリアの虫体は5年で死滅するので、時間が経てばペットの体内から虫体はいなくなります。

フィラリアの予防薬は4種類あり、そのうちの一つ、イベルメクチンは2015年大村 智先生がノーベル医学生理学賞を受賞されています。当院では主にこの薬剤を使用しています。

寄生虫駆除について

ペットの寄生虫には、大きく分けて外部寄生虫と腸内寄生虫の2種類があります。

外部寄生虫

代表的なものは、ノミ、マダニ、疥癬虫(かいせんちゅう)、ニキビダニなどです。外部寄生虫は人にも寄生します。
これらの寄生虫に感染すると、頻繁に体を舐めたり掻いたりします。その掻いた傷に細菌が侵入して化膿するケースもあります。
外部寄生虫は、適切な処置を施すことでコントロールが可能です。

腸内寄生虫

代表的なものは、回虫、鞭虫(べんちゅう)、サナダムシ、コクシジウムなどです。
お腹の中に寄生虫がいると、下痢や血便、貧血などを起こします。
腸内寄生虫は、投薬で駆虫することが可能です。

外部寄生虫、腸内寄生虫とも、すべて人間にうつる厄介な存在です。特にマダニは要注意で、人間にとっては急性血小板減少症の原因となります。これは、日本でも累計で110人が発症し、60人が死亡するという恐ろしい病気です。また、マダニは犬にとってはバベシア症の原因となり、こちらも大変危険です。

当院でお勧めしている寄生虫駆除薬は、錠剤のネクスガードスペクトラです。フィラリア、外部寄生虫、腸内寄生虫をすべて駆除できる優秀な駆除薬です。当院では、予防の意味も込めて、子犬の頃から投与することをお勧めしています。
※ネクスガードスペクトラはコリー種には使用できません。

その他療法食による予防など

糖尿病や高脂血症といった、人間の生活習慣病にあたる病気が、犬にも存在します。これらは加齢にしたがって現れるものですが、子犬の頃から栄養バランスや運動に気を付けることで、発病のリスクを大幅に減らすことができます。
療法食はペットの適切な栄養バランスをサポートします。そのため、心臓や腎臓、消化管の機能を守る効果があるほか、体重管理にも役立ちます。
療法食は市販品もありますが、医院で処方したものの方が、高い効果が期待できるといえます。

  • ペットのことで不安やお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。夜は20:00まで診療しております。
  • お電話での予約・お問合わせ 0565-42-3821
    conbottom_tel_sp.png
  • お気軽にお問合わせください メールはこちらから
    お気軽にお問合わせください メールはこちらから